前橋ロータリークラブ

会長あいさつ(小林年度 / 2017-2018年度)

小林 要一 会長 会長 小林 要一

クラブ会長の計画及び目標

今年度RI会長イアンH.S.ライズリー氏のテーマは「ロータリー:変化をもたらす」です。

ロータリーは100年を超す長い歴史の中で変化をし続けて今日があります、そして今日の活動が将来のロータリーの姿であります。今日の活動がとても重要であり、変化を恐れずに積極的な行動をする事が必要不可欠です。

本年度の地区スローガンは「ロータリーのある人生を誇りにしよう」です、そして具体的な行動として「会員の拡大」と「公共イメージの向上」を掲げています。公共イメージを向上させるには、まず知ってもらう事が一番です。奉仕の理想を中心として集まる同志の集団であるロータリーアンは、「何をしているのか」、「何故行うのか」、「何処を目指している」のか等々をメンバー各々が積極的に地域社会に対し熱く語って行く事だと思います。

そのためにも我々はもっともっとロータリーを好きになりましょう。そして行動することで誇りを持ちましょう。親睦の中から奉仕の理想を生み出す集団として、今年度前橋クラブは“ロータリーをもっと好きになろう”と言う方針で活動して行きたいと思いますので、一年間、会員皆様のご指導ご協力を宜しくお願い致します。

基本方針

「ロータリーをもっと好きになろう」

好きになれば、もっと知りたくなる、もっと参加したくなる、もっと話したくなる、そしてもっと楽しくなってくると思います。
もっと活気あるクラブを実現させましょう

重点目標

  1. ガバナー方針である会員の増強

  2. ガバナー方針である公共イメージの向上

  3. 魅力ある例会を設営し出席率の向上

  4. 「未来の夢計画」を推進し、各補助金の有効活用

  5. 長期戦略計画委員会を継続し、クラブのあるべき姿の模索

  6. 友好クラブ(新潟、水戸)との交流の推進

  7. 次年度行われる65周年記念事業のための準備委員会の設置

数値目標

  1. 会員の増強純増1割

  2. ロータリー財団寄付 1人 150ドル

  3. ポリオプラス寄付  1人 30ドル

  4. 米山記念奨学会   1人 16,000円   の達成

ページの先頭へ移動