前橋ロータリークラブ

会長あいさつ(宮﨑年度 / 2018-2019年度)

会長 宮﨑 瑞穗 会長 宮﨑 瑞穗

クラブ会長の計画及び目標

今年度RI会長バリー・ラシン氏は「インスピレーションになろうBe The Inspiration 」をテーマに掲げられました。この意味は前向きな変化を生み出し、直面する課題に勇気と希望、そして創造性を持って正面から立ち向かう意欲をクラブ、地域社会、組織全体から引き出すためのまさにその人“インスピレーション”になるということです。

これを基に今年のRI2840地区宮内敦夫ガバナーは「クラブを元気に、世界に奉仕を、皆で回そうロータリーの輪」のテーマのもと10の地区目標を掲げました。これを見据えながら今年度の前橋ロータリークラブのスローガンを「楽しいロータリークラブを作ろう」にしました。楽しくなければ例会に出席するのも義務的になりますし、様々な行事や奉仕活動もやらされ感でやることになってしまいます。

しかし、楽しいロータリークラブは他の人が作ってくれるものではありません。もちろん会員相互の仲が良いことが必要ですが、それと共に会員一人一人が互いに敬いながら、アカウンタビリティーをもって積極的にロータリー活動に参加することが求められます。「楽しいロータリークラブを」を合言葉に活動してゆく方針ですので皆様のご協力、ご支援をお願いいたします。

基本方針

「楽しいロータリークラブを実現しよう」

会員相互が仲良くするためにお互いに敬意を持って親睦を深め、自ら主体的に関わりましょう。

重点目標

  1. 会員増強
  2. 公共イメージの向上
  3. ホームページの刷新、ITを利用した情報共有の仕組み作りと利用環境の整備
  4. 地区補助金、グローバル補助金を用いた奉仕活動の推進
  5. 親睦のための各部会活動の充実と支援
  6. 前橋ロータリークラブ65周年記念事業の成功

数値目標

  1. 会員増強純増6名、女性1名増強
  2. 例会出席率70%の維持
  3. ロータリー財団寄付金 1人あたり150ドル以上
  4. ポリオ寄付金 1人あたり30ドル以上
  5. 米山奨学寄付金 1人あたり16,000円以上   の達成
ページの先頭へ移動